So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

テレビドラマ「陸王」で紹介されていたミッド着地走法(ミッドフット)のメリットと気をつけて欲しいこと。 [映画/ドラマ]








10月からテレビドラマが放送開始された「陸王」。
創業100年の老舗足袋会社「はぜ屋」が起死回生を図るためにランニングシューズを開発製造する話です。



銀行からの融資廃止やライバルからの嫌がらせなど紆余曲折を迎えて行きますが一部ではサービス残業が話題になっています。

しかし今回、私が話題にするのはそちらではなくドラマ内で解説されていた走り方です。
日本人でも昔は一般的であった「ミッドフット」(ミッド着地走法)です。

ミッドフットは足の裏全体で着地をする方法のことです。
ふくらはぎなど小さい筋肉だけではなくお尻の大きい筋肉を使って走ることになります。






大きいということは耐久力があるということにつながりラクに走る事ができるんです。

また足の裏全体だから力や衝撃が分散することになります。
だからケガの軽減や疲れにくさにもつながることになります。

それだけではなく上下運動が少なくなり、無駄なエネルギーを使わずに済みます。

また、フォアフット走法は重心の真下で着地します。
ブレーキがかからずにそのままに走る事ができることも利点です。

これによってランニングやマラソンなどで効率的に力を使うことができます。

このことでタイムも縮むなどプラスの効果が期待できます。
だからドラマ内でもおすすめのような紹介をされていたのだと思います。




ただ気をつけて欲しいこともあります。

この走法は運動能力が高い黒人選手が多く使うものです。
人種が違う日本人がすると足腰を痛めるという話もあるのだそうです。

いくら耐久力があっても衝撃はあるのでそれなりの筋肉量は必要になります。

だからただ走るのではなくケガを防ぐために筋肉量を増やすための筋トレもすることをおすすめします。


しかし現代人は「ヒールストライク」(ヒール着地走法)で走ったり歩いたりしている人が多いのだそうです。






nice!(28) 
共通テーマ:テレビ
前の1件 | -
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...