So-net無料ブログ作成
検索選択

東京・調布市の住宅地に軽飛行機が墜落し3人死亡 離陸から1分以内に墜落か [ニュース]































東京・調布市の住宅街に、26日午前11時ごろ、軽飛行機が墜落した。
住宅3棟と車2台が燃えているほか、これまでに、軽飛行機に乗っていた男性2人と、住宅にいたとみられる女性1人の死亡が確認された。
さらに、逃げ遅れた人がいるとの情報がある。

東京消防庁によると、午前11時ごろ、調布市富士見町の住宅街に、5人乗りの軽飛行機が墜落したと通報があった。
この事故で、午後12時50分現在までに、住宅3棟と車2台に延焼しているという。
警視庁によると、これまでに、軽飛行機に乗っていた男性2人と、住宅にいたとみられる女性1人の死亡が確認されたという。
後ろの席にいた3人が助かったという。
また、死亡した2人は操縦席と隣の席にいたという。
一方、巻き添えで死亡した住民の女性は小型機が墜落した住宅の2階にいて、1階にいた女性の母親は、ケガをしているものの無事だという。



また、逃げ遅れた人もいるという。
現場は、中央自動車道の調布インターチェンジや、「味の素スタジアム」から500メートルほど離れた場所。
東京空港事務所によると、飛行計画では、事故機は午前10時45分に離陸し、1時間かけて東京の大島に到着する予定だった。
実際は10時58分に離陸し、その直後に飛行場の1.8キロ南に墜落したという。
個人所有の機体で、機長を含め5人が搭乗していたという。


墜落した機体は、単発エンジンの小型プロペラ機「パイパーPA46型」、通称「マリブ・ミラージュ」。
機体の全長は8.8メートル、両翼の幅は13.1メートルあり、パイロットを含めて6人乗り。
国土交通省によると、今回墜落した機体は1989年10月11日に登録されている。
この機体は、2004年10月にも、調布飛行場から北海道の札幌丘珠空港に飛行した際、いったん着陸した後、再着陸に失敗して機首を滑走路に突っ込む事故を起こしていた。
その後、機体は修理され、今年5月1日には定期的に行われる国の耐空証明検査に合格していた。

現場の状況から小型機は離陸後まもなく、やや左にそれながら住宅地に墜落した可能性がある。
一方で、気象状況に問題はなく、ことし5月の時点で機体に異常はなかったということで、国の運輸安全委員会は調査官を現地に派遣して原因を調べることにしている。
事故機が離陸した調布飛行場は南北方向に長さ800メートルの滑走路があり、小型機は南向きに離陸した。
墜落したのは滑走路の南の端からおよそ700メートルの地点で、小型機は滑走路の延長線上よりやや左にそれたところに墜落している。
離陸は午前10時58分で、2分後の午前11時ごろ墜落したとみられることから、小型機は離陸後まもなく、やや左にそれながら住宅地に墜落した可能性がある。
一方で、東京航空気象台の観測によりますと、調布飛行場では午前11時の時点で、風速およそ1メートルと風はほとんどなく、快晴で視界も良好となっていて、気象状況に問題はなかった。


墜落した軽飛行機の事故の直前の様子をとらえた映像には、軽飛行機が、調布飛行場を飛び立つ様子が映っている。
飛行場すぐそばの運動場で、サッカーの試合を見ていた一般の人が撮影した。
画面から飛行機の姿が見えなくなったあと、15秒ほどして、ドーンという、墜落した時の音が聞こえた。
この映像には、その後、周りにいた人が驚く声が入っている。
撮影した人は、「風は吹いていないのに、飛行機がふらついているように見えた。上空を通過したあとに、プロペラの音が聞こえなくなった」としている。


新訂版 飛行機100点 (のりものアルバム(新))

新訂版 飛行機100点 (のりものアルバム(新))

  • 作者: グループ・コロンブス
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2012/07/05
  • メディア: ムック



<記事>
住宅街に軽飛行機墜落 軽飛行機の2人と墜落現場の女性1人死亡
小型機が住宅に墜落、3人死亡 調布市
離陸後に左にそれながら墜落か
調布市軽飛行機墜落 事故直前の様子とらえる、墜落時の音も

 

nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...