So-net無料ブログ作成

神奈川・小網代湾に女性遺体 生きたまま海に投げ込まれる? [ニュース]
















女性は生きたまま何者かに海に沈められたとみられます。

29日、神奈川県三浦市の小網代湾の沖合で、30代から40代とみられる女性の遺体がロープで何重にも巻かれたシートに包まれて浮いているのが見つかった。
ロープにはコンクリート製の重りが付いていた。
その後の警察への取材で、司法解剖の結果、女性は28日ごろに海水を飲んだことによる溺死(できし)したとみられることが分かった。
何者かに生きたままシートのようなものにくるまれ、ロープをまかれたあと、重りをつけられ、海に落とされたとみて、可能性が高いという。
警察は、女性の身元確認を進めるとともに捜査本部を設置し、殺人事件として捜査しています。



遺体は29日午前10時ごろ、岸壁から約30メートル沖合の海上に浮かんでいるのを近くの住民が発見した。
全身を赤茶色のシートでくるまれ、黄色と黒のロープで巻かれていた。
ロープにはコンクリートブロックらしき重りが付けられていたという。

小網代湾は京急久里浜線の三崎口駅から約1.5キロ南にある。

<記事>
生きたまま沈められたか 海に重りついた女性遺体
神奈川・小網代湾に女性遺体 死因は海水を飲んだことによる溺死
<女性遺体>死因は溺死、生きたまま海に? 神奈川・三浦
海上にシートに包まれた女性遺体 神奈川、三浦

 

nice!(20)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 20

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...