So-net無料ブログ作成
検索選択

<大阪高槻中1殺害>柏原の遺体、不明の男子と判明 大阪帰省中の犯行か [ニュース]








大阪府高槻市の駐車場で同府寝屋川市立中木田中学1年の平田奈津美さん(13)が遺体で見つかった事件に絡み、同府柏原市の竹林で21日に見つかった遺体について、府警は22日、行方不明となっていた同中1年の星野凌斗さん(12)と確認した。
星野さんは、平田さんと一緒に行動していたとみられている。

府警は、平田さんの遺体を遺棄した容疑で逮捕した契約社員山田浩二容疑者(45)=寝屋川市香里新町=について、星野さんの事件も事情を知っているとみて追及する。
山田容疑者は「車に同乗していた男が平田さんの遺体を遺棄した」などと容疑を否認している。

司法解剖の結果、星野さんの死因は不詳で、13日ごろ死亡したとみられる。
2人は同じ頃に死亡したとみられている。
遺体は傷みが激しく、詳細な時間帯はわからなかったが、同日午後7時頃に死亡したとされる平田さんと同時期とみられる。
顔と左手首付近に粘着テープが巻かれていた。
体の一部が白骨化しており、靴は履いていなかった。

服装は行方不明時と同じ黒のTシャツ、7分丈のズボン姿だった。


いちるの望みをも絶たれ、知人らは改めて悲しみに暮れた。

府警が遺体を星野さんと確認したと発表した22日午後7時半過ぎ、寝屋川市のマンションにある星野さん宅はあかりが消え、カーテンが閉じられていた。
近くに住む女性(65)は「最悪の結果になり、お母さんが気の毒でならない。地域全体で子どもを見守る社会にしなければ」と話した。

寝屋川署には22日午後、司法解剖を終えた星野さんの遺体が再び運び込まれた。
午後7時ごろには家族とみられる女性が同署を訪れ、警察の説明を受ける前後、終始うつむいて涙を流していた。
その後、一緒に来た知人に肩を抱えられ、無言で署を後にした。



小学5年生の息子と一緒に京阪寝屋川市駅に来ていた同市のパートの女性(47)は「星野くんだけでもと思っていたけれど、本当に残念」と声を落とした。
事件後は昼間も子どもを1人で外出させないようにしていたといい「子どももいるのでひとごとではなかった。身近に(容疑者が)いたと思うと怖い」と話した。

遺体が見つかった柏原市の現場近くに住む女性(41)は「苦しい思いをしただろうが、いまは安らかにと願います」。
星野さんと同じ年頃の親戚の子がいるといい「他人ごととは思えない。どうしてこんなことができるのか」と憤った。

「残念という言葉しかない」。
市立中の生徒2人が命を奪われる結果になった寝屋川市の幹部はそう語った。
「山田(浩二)容疑者には事実を早く話して欲しい。このような事件が起きないよう、子どもたちの安全対策を全市あげてやっていく」と誓った。

同市はこれまで週1回中学校へ派遣していたスクールカウンセラーの派遣回数を24日から増やすほか、防犯協会の全16支部が夜間の街頭防犯活動を実施する。
「子どもの安全見守り隊サポーター」として、警察官OBらを中木田中学と近くの中央小学校に28日まで計4人派遣する。

さらに、犯罪を抑止するために京阪寝屋川市駅など4駅周辺に新たに40台の防犯カメラを設置する方針。
9月の補正予算で対応するという。


遺体発見現場に花
星野さんの遺体が見つかった大阪府柏原市青谷の竹林付近では22日、星野さんの同級生や家族の知人とみられる人たちが花を供え、手を合わせた。

星野さんの遺体は国道25号の脇道からさらに分かれた幅2メートルほどの小道を数十メートル進んだ先の畑の隅で見つかった。
周囲は数メートルの高さの竹が生え、雑草が生い茂っていた。
遺体は畑から一段低くなった場所に、横たわった状態で遺体を覆うように草がかぶさっていたという。

午後4時半ごろまでは、小道の入り口付近に立ち入り規制のテープが張られていた。
テープ付近では午後3時前、星野さんの同級生という男子生徒4人と保護者2人が静かに手を合わせた。
保護者の女性は「子どもたちの心のケアを大事にしたい」。

規制のテープが解除されると、星野さんの家族の知人とみられる女性5人が遺体があった付近まで入り、1人が「凌斗」と声を上げた。
崩れ落ちそうな体を支えあい、むせび泣き、テープがあった辺りに花を捧げて立ち去っていった。

この日は複数の捜査員らが午前から一帯を警察犬や草刈り機を使って遺留品の有無などを調べた。

容疑者、LINEなりすましか
平田さんが13日早朝に行ったとされるスマートフォンのLINEのやり取りは、「なりすまし」の疑いがあることが22日、捜査関係者への取材で分かった。

捜査関係者によると、山田容疑者は容疑を否認しているが、取り調べには取り乱す様子もなく淡々と応じているという。
大阪府警高槻署捜査本部は同日朝から、星野凌斗(りょうと)さん(12)の遺体が見つかった同府柏原市の山中で鑑識活動を実施。23日には山田容疑者を送検し、詳しい動機などを調べる。

捜査本部によると、平田さんと星野さんは、13日午前5時すぎに山田容疑者に連れ去られた可能性が高い。
これ以降の平田さんのLINEのメッセージは、山田容疑者がなりすましたか、平田さんに指示してやり取りさせた可能性もあり、捜査本部が調べている。

捜査関係者らによると、平田さんは事件当日の13日未明から早朝にかけてLINEで友人と交信。
友人が「何時まで遊んでんの?」と問いかけると「わからん」と返答したり、「怒られるで」と指摘すると「野宿しようとおもう」と返信したりしていた。

利用はいったん止まり、午前6時すぎに再開。
同45分ごろ、別の友人に送ったメッセージについて、友人らは違和感を覚えたという。
交際相手ではない星野さんのことを「彼氏」と表現したほか、「いつもは短い言葉なのに文章が長かった」(同級生の女子生徒)。
また、「寝屋川に帰らない」とし、理由を「子供ができた」としたのも不自然すぎたという。

平田さんと星野さんは同日午前5時10分ごろ、京阪寝屋川市駅前の商店街で防犯カメラに写ったのを最後に足取りが途絶えた。山田容疑者のものとみられる車が商店街周辺を行き来する様子が同11分と17分に別の防犯カメラに写っていた。

捜査本部はカメラに写った時間と近接した時刻に2人が連れ去られた可能性が高いと判断。
同日早朝以降のメッセージは山田容疑者が平田さんを装ったり、強要して送らせたりした疑いがあるとしている。

一方、13日午後3時ごろ、同駅近くの有料駐輪場に星野さんの自転車が止められた。
このころ2人はすでに連れ去られていたとみられ、自転車を止めた人物も星野さんではないとの見方が強まっている。



大阪帰省中に犯行か
山田浩二容疑者は事件当時、除染作業員として働いていた福島県から、大阪に帰省していた。

翌14日、山田容疑者のフェイスブック(FB)には、通天閣(大阪市)の写真とともに、「最後の大阪を満喫!!」という何ごともなかったかのような言葉が残されていた。
府警の調べに、死体遺棄容疑を否認している。

「やっぱ、地元最高です!! 帰って来たなぁ〜って感じ!!」

11日午後6時29分。山田容疑者は自身のFBに、自宅の最寄り駅の京阪電鉄・香里園(こうりえん)駅の写真を投稿し、こう書き込んだ。
山田容疑者は、東京電力福島第一原発事故の除染作業員として、福島県内で働いており、お盆休みで帰ったという。

犯行翌日、知人に「やばいことしてもうた」
「もう帰って来られへん」「やばいことしてもうた」

容疑者は、翌日の14日、知人男性にこう漏らしたという。

この男性によると、山田容疑者とは2007年に知り合った。
14日は山田容疑者から「盆で帰ってきているから会おう」と電話があった。
やり取りの際、山田容疑者が謎かけのように「やばいことしてもうた」と話した。
「何したん?」と男性が尋ねると、山田容疑者はそれに答えず話題を変えたという。

16日午後に大阪市内で待ち合わせ、山田容疑者が運転するシルバーの軽ワゴン車に乗り、2人で飲食店で食事したり、ホームセンターをあてもなくぶらついたりした。

男性は2日前の電話のやりとりが気になり、「やばいことって何なん?」と聞くと、「大したことないから」とかわされた。一方で、山田容疑者は信号で停止すると、ミラーで後方を確認したり、後ろを振り返ったりしていたという。
車は平田さんの遺体の運搬に使われたとの疑いが持たれているが、異臭はなく、消臭剤のにおいがしたという。

日ごろは堂々としている山田容疑者が、この日は慌てている感じがしたといい、「仕事で何かしたのかと思った」と言う。
山田容疑者は福島県内で震災復興関連の仕事をしていると話していたという。

関係者によると、山田容疑者は大阪府枚方市内の小中学校を卒業。
中学3年で同じクラスだった会社員女性(45)は「目立たず、攻撃的な性格でもなかった」といい、同窓会にも来た記憶はない。
小中学校で同級生だった男性(44)も「おとなしくて目立たないタイプ」と口をそろえる。
小学校の時は鬼ごっこやかくれんぼをして遊んだことがあるが、中学卒業後は疎遠になり、会ったことはなかった。

中学卒業後は、高校には進学せず、アルバイトを転々としていた。
少年時代から同級生と距離を置き、「一人でいることが多かった」という山田容疑者。
小・中学校の同級生らからは、今回の逮捕に「やっぱり…」との声も聞かれた。

同市に隣接する枚方市の団地。山田容疑者は少年時代、現在とは異なる姓で、ここに両親と妹の4人で暮らしていたという。

「これ、とってきてん」

小学校の同級生によると、山田容疑者は近所の駄菓子屋で万引した商品を同級生に見せびらかしたり、自宅から1万円単位で親の金を盗んできたりしては、「みんなに食べ物おごってやる」と自慢げに語っていたという。

小・中学校を通じて同級生だった会社役員の男性(44)は「彼は金で人をつる。危ないタイプという印象だった」と振り返る。

《原爆はいやだ》

山田容疑者の小学校の卒業文集のタイトルだ。
平和をテーマにした内容で「広島の修学旅行で原爆ドームを見て来て、今から三十七年前の八月に生まれなくてよかったと思った」とつづっていた。

《これからは、中学校へ行き、あと高校、大学、そして本当の大人になるわけだが、ぼくは戦争はとってもやりたくはない》

《色々な勉強をがんばりたい》

だが、中学校で同級生だった女性(45)は「どういう理由か知らないが、彼は長期間休んでいてクラスメートとも少し距離を置いていた」と話す。
別の同級生の男性(44)は「一人でいることが多く、ひとりぼっちという印象。急にハサミを振り回すこともあった」という。

中学卒業後は、定職に就くこともなく、「ぶらぶらしていた」(同級生)という。

「あいつならあり得ると思った」。
中学校の同級生の一人はそう語った。

容疑者は過去にはつきまとい子供を追いかけ回す

山田容疑者の自宅マンション近くで美容院とエステサロンを経営する女性によると、同容疑者とみられる男のつきまといが始まったのは昨年9月ごろから。
最寄り駅から美容院まで向かう通り道を背後からつけられ、携帯電話の動画機能で後ろ姿を撮影されたこともあった。
男が声をかけることはなく、つきまといを感づかれると、足早に山田容疑者の住むマンションに逃げ込んだという。

男に最後につきまとわれたのは約1か月半ほど前で「4〜5回くらいだったと思う」と女性。
寝屋川署の交番に相談し、以降は男の姿を見ることはなかったが、ニュースで山田容疑者の顔を見て「あ! この人や」と、すぐに分かったという。

山田容疑者と同一人物かは不明だが、近辺では過去にも別の不審者情報が相次いでいる。
町の自治会長の男性によると、約2年前、山田容疑者が住むマンション横の公園で遊んでいた小学生の女児が、男によって約100メートルほど離れた場所にある雑居ビルのトイレに連れ込まれる事件が発生。
トイレに別の人間が入ってきたことで、女児は被害を受けることなかったという。
1年半〜2年ほど前には、男が小学生の女児をカッターナイフのような刃物で追いかけ回す事例も2件、同じ地域内で起きている。

山田容疑者が不審者情報の男と断定はできないが、経営者の女性は以前、女児をトイレに連れ込んだ男の詳細を耳にした際、「鼻が少し高くて目が一重。身長が160センチくらいと、(自分をつけた)男に似ている」と思ったという。
男が今回の事件の容疑者であり、なおかつ勤務先のすぐ近くにいたことに「本当にビックリしました」と、ショックを隠しきれなかった。

捜査関係者によると、山田容疑者は2002年3月、寝屋川市の路上で男子生徒に「駅に行く道を教えてくれ」と話しかけて車に乗せ、現金や携帯電話を奪ったとして、強盗や逮捕監禁などの疑いで寝屋川署に逮捕されていた。

<記事>
遺体は不明の中1男子=遺棄女子生徒と共に行動—逮捕男の関与追及・大阪府警
むせび泣き「凌斗」 星野さん遺体確認、悲痛な叫び
高槻少女殺害 容疑者、LINE「なりすまし」か 不自然な長い文章
大阪・柏原の遺体、行方不明の同級生と判明
山田容疑者、大阪帰省中に犯行か…中1少女遺棄
「やばいことした」 大阪の中1遺体発見翌日、知人に
中1遺棄容疑者 少年時代「危ないタイプ」 万引を自慢、ハサミ振り回す
「容疑者につきまとわれた」と30歳女性 山田容疑者の自宅周辺で

 

nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 16

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...