So-net無料ブログ作成

鳥越「都選挙のことをつかれると白旗ふるしかない」→東国原&都民「えぇ・・・」 [政治]






OOK86_maikusupichi_TP_V (3).jpg


鳥越氏が東国原氏にかけた言葉がFacebook&Twitterと2chで話題になっています。



生放送番組「バイキング」で2人は共演。
私はその共演シーンは見ていないのでわかりませんがコメンテーターとしてか議論するコーナーに出演していたのでしょうね。

放送終了後、以下のことが起こりました。





思いつきで出馬していただんろうなぁ、と薄々感じてはいたけれどなんとまぁ・・・(絶句)
確かに言葉がでてきませんね。

意訳すると「都知事選挙のことで責めるのはヤメテクレメンス」といったところでしょうか?

これでは会見を開いてまでたくした宇都宮さんが浮かばれませんね。

2chでも呆れかえる人多数。
鳥越「僕は思いつきで都知事選に出たから、そこを突かれるとお手上げ」


宇都宮氏は弁護士として会長まで努めた人です。

サラ金問題について特に精力的に活動していたようです。

ブログを読んでみると都議会を傍聴したりフォーラムに出席したりと精力的に活動しているようです。

私は知らなかったのですが太田区議員を10年努めたようです。
議員実績あるんだ、とびっくりしました。
正直、ただの弁護士だと思ってました。


鳥越氏はそこまでするとは思えないなぁ。
そんな話、大阪まで聞こえて来なかったし。

また東国原氏は宮崎都知事になる前に家族の反対を押し切って大学に入学しています。
実際当選してからもマンゴーなどを積極的に多方面から「宮崎県」をセールス。
一気に全国区に押し上げました。

元々知名度があるというのも原因でしょうが勉強したことも一定の評価したんだと思います。


私も大阪府民ではありますがすごいなぁ、当選して当然だなと思います。

宇都宮さんからもやる気もオーラもすごく感じました。
都民だったら入れてたかも。何かやってくれそうだし。


それを振り返ってみると鳥越氏は都民をバカにしているのでしょうか?
こんな何にも政策を考えないまま立候補する「老害」だとは思いませんでしたよ。

いくら黒字地方公共団体でもこんな人に税金を使われてはたまらないでしょうね。

敵でない人すら平気でこういうことを言うんだからジャーナリストに戻ったほうがいいんじゃないかな。


鳥越俊太郎の「オレはジャーナリストじゃない」宣言

鳥越俊太郎の「オレはジャーナリストじゃない」宣言

  • 出版社/メーカー: インシデンツ
  • 発売日: 2016/07/25
  • メディア: Kindle版














nice!(105)  トラックバック(9) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 105

Facebook コメント

トラックバック 9

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...