So-net無料ブログ作成
検索選択

サッカー日本代表、オーストラリアとドロー「本田さえ良ければ勝てた」なんて言葉いらない!【動画あり】 [スポーツ]






gatag-00012240.jpg



日本代表はオーストラリア・メルボルンのドックランズスタジアムでオーストラリア代表と対戦。
1-1とドローに終わりました。


日本は前半5分にFW原口元気が先制点を決めるも、後半7分にPKで失点。
そのまま引き分けに終わる形になりました。

DF酒井宏樹が累積警告で出場停止の日本はイラク戦から先発4人を変更。
左SBで先発したDF酒井高徳が右SBに回り、左SBにはDF槙野智章。

中盤ではMF香川真司とMF山口蛍が2試合ぶりに先発復帰。
FW小林悠が右サイドハーフに入った。
FW本田圭佑は1トップで先発。



■「とにかく勝てばいい」という精神論しか言えない自分ェ
六月の勝利の歌を忘れない 日本代表、真実の30日間ドキュメント DVD-BOX

私はほとんど観れていなかったのでYouTubeで簡単に見ました。

正直、
カモメのほうが気になる
試合でした。


ハリル監督は「本田がもっとパフォーマンスが良ければこの試合勝てたと思います」と試合後のインタビューで言いました。

そんなことを言っちゃうような布陣じゃダメなんですって。
私は精神論しか言えない欧州組とか関係なく調子のいい人を使ったらいいんだろうと思います。

Jリーグはレベルが低いのは承知の上だから欧州組を使いたくなるのはわかります。
本田の1トップの可能性も否定しません(準備不足だったのかもしれないし)。


試合見てもハラハラするし交代枠のタイミングもよくわかんないし・・・。
これは選手が弱いというだけの問題ではないですよね。

協会含め代表はよくわかんないです。

要は勝てばいいんですけどねぇ。



とりあえず遠藤呼ぼう?(ボソッ


















nice!(71)  トラックバック(8) 

nice! 71

Facebook コメント

トラックバック 8

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...