So-net無料ブログ作成

ネット炎上に対応する専門の保険が登場。需要を生んだ元祖は? [ニュース]






ぱくたそ.jpg


一風変わった企業向け保険が販売されることになりました。
「ネット炎上」した場合に備えた保険です。


損害保険ジャパン日本興亜が3月6日から販売するそうです。

保険でカバーされるのは、「ネット炎上」が起きたあと、炎上の拡散防止と原因究明のために、コンサルティング会社に対策を依頼するための費用。

想定される例としては
・企業の従業員がツイッターで投稿した写真に、個人情報が写り込んでいたケース。
・不動産仲介業者の従業員が「有名人が来た」などと来店者の情報をツイッター上にあげたケース。
・飲食店店員の不衛生な行為が、ネットで騒動になったケース。
・従業員の不注意な投稿で、内部情報が漏えいしたケース。
・従業員のプライベートな投稿でも、企業と紐付いたかたちで批判が集まった場合。
があります。

また、
・商品に異物が混入していたことがツイッター上で実況中継されて、企業対応の内容にも批判が寄せられるケース。
・企業のサービス内容や価格に不満を持ったユーザーがブログで取り上げ、ネット上で拡散したケース。
などのその会社が提供しているサービスについても想定しているそうです。

ただし意図して炎上させる「炎上マーケティング」は適用されません。

炎上時には、ネット炎上対策を提供する「エルテス」と「SOMPOリスケアマネジメント」が連携しサポート。
またメディア対応も含めています。

保険の支払い限度額は1000万円で、保険料は年額50~60万円。
一般的には収束するまで3ヶ月かかり、保険ではなく第三者に依頼した場合は1カ月あたり300万円程度かかるそうです。

■「炎上保険」の需要
元祖炎上企業と言えば「バードカフェ 謹製おせち」問題だと思います。

忘れられたと思うので簡単に説明します。

当時流行り、CMでもバンバン流れていたクーポンサイト「グルーポン」。
そこで販売していたおせちが購入していたにも関わらず配送が遅れた上に、中身が写真と全然違うことが判明。

写真では豪華だったのに実際はあまりにも中身がスッカスカ!
しかもものによってはすでに腐っているものも。
そのことに購入者は怒り心頭。

ワイドショーなどでもしょっちゅう流れていましたのを覚えていますが詳しい流れや当時の写真がこの記事にも書かれています。
グルーポンが「バードカフェ 謹製おせち」問題でお詫び、一体何が問題だったのか

私は購入していませんでしたあまりにもふざけすぎだな、と感じました。
クーポンサイトで買ったとはいえ1万しましたからね。

結果はお詫びの上で返金。
このおせちの企業の今はわかりませんがきっとそのままではいられなかったでしょう。

そしてその時に炎上保険があればおそらく適用されたことでしょう。


正直、このように企業側が悪いのに保険金が払われるというのも複雑な思いです。

しかし優良企業が簡単になくなってしまうのも残念。

特にTwitterやFacebookなどのSNSでの一社員の不用意な発言が原因であればその後、良くなるチャンスが失われるのもよくないことだという思いもあります。









nice!(77)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 77

Facebook コメント

トラックバック 0

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...