So-net無料ブログ作成
検索選択

ガリガリガリクソン容疑者、釈放。安心のできる運転代行の選び方。 [ニュース]









大阪市中央区で飲酒運転をしたとして酒気帯び運転の疑いで逮捕されていたガリガリガリクソン(本名・坂本祐介)容疑者。
13日午後2時、大阪府警南署から釈放されました。









「この度は社会の信頼を裏切るような、破ってはいけない法を破ってしまい、申し訳ありませんでした」と謝罪。
断酒宣言もしていました。

「覚えていない」という供述には疑っています。
が深酒をすると本当に記憶がなくなることがあるらしいんでよっぽど飲んだのかもしれません。

朝方の中央区宗右衛門町にいたということは「なんば」と言うミナミの繁華街にいたことになります。
防犯カメラくらいは複数台あるでしょうから、あえてそんなウソ言ってもすぐバレるでしょうしね。

■運転代行という手段
おそらくガリクソンの個人的な車に乗っていたのだと思われます。

タクシーで行って帰るという手段もありますが毎回はできませんよね。

そんな時に運転代行という手もありだと思います。
タクシーみたいに週末に捕まりにくいということも少ないでしょう。


でも安心のできる運転代行を選びたいもの。
判断基準を調べてみました。


まずは警察から許認可を受けた会社を選ぶのがいいと思います。
リンクは私の地元の大阪府警察から認められている会社の一覧です。
https://www.police.pref.osaka.jp/01sogo/jyho_kojin/kohyo/02/siryo/daikogyosya/index_1.html

ここからよく飲みに行く場所に近い会社の電話番号を登録しておくといいかもしれません。


なぜ許認可制になっているのか?

最近は少なくなっていますが暴力団の資金源になっていました。
犯罪の温床になりやすく色々トラブルもあったのだと思います。

私は利用したことはありませんが料金もきっと割高になっていると思われます。

許認可を受けている会社の車には表示する義務があり随伴車(代行運転手が帰るための車)には必ず表示されているのでこちらを確認しましょう。

例として「東京都公安委員会認定 第○○号、××運転代行、随伴車自動車」と表示していることが多いようです。







■許認可を受けていれば事故があっても安心
万が一、代行中に自分の車が事故にあった場合は自分の車の任意保険は一切利用できません。

でも許認可を受けていれば随伴車にかかっている保険が適用されます。
よって自分の車はこれによって補償されます。

会社が対処してくれるんですね。

でも違法なところではこれも認められません。
自分が払わなきゃいけません。

だからぜひ許認可を受けた代行運転会社をおすすめします。
そういうところはうるさく運転教育をしているでしょうしね。


それ以外の選び方には
①団体に所属している
②規模の大きい会社
③料金が明朗会計である

があげられます。

また運転代行を選ぶと決めているときは事前予約ができるのであればしてください。
10時~2時がピークと言われておりいざ帰るときに空きがない場合があります。

同じ代行会社を利用すれば優先して来てくれるかもしれませんよ。

■料金は?
地域によりますが初乗り1000円〜2000円ということが多いそうです。

また距離が長ければお得という情報もあります。
運転代行料金の平均相場とタクシー料金との比較


料金を知りたければ運転手に聞くか事前に問い合わせたりHPを観に行くことをおすすめします。
距離単位で書かれていることが多いです。
http://osaka-daiko.com/#price


ただ注意して欲しいのは道中にどこかに寄っている間も料金が加算されます。
10分単位で発生することもあるので気をつけてください。









nice!(25)  トラックバック(0) 

nice! 25

Facebook コメント

トラックバック 0

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...