So-net無料ブログ作成
検索選択

明智光秀が本能寺の変で織田信長を討った理由がわかる文書が発見された!? [ニュース]








織田信長が明智光秀に討たれた本能寺の変の10日後、光秀が記した書状の原本が岐阜県で発見されました。
発見した三重大の藤田達生教授(日本近世史)は「研究が確実に一歩進む」と話しています。


書状は、岐阜県美濃加茂市の美濃加茂市民ミュージアムが所蔵する「(天正10年)6月12日付土橋重治宛光秀書状」(縦11・5センチ、横56・7センチ)。
宛てられたのは反信長派の土豪・土橋重治です。

本物と認められた理由は光秀の花押(サイン)があることから本人の文書と認められ、筆跡も本人の可能性が高いということです。
本人が書くのは花押のみで本文は代筆させる当時としては貴重なもので切迫していることと重要度がわかります。

内容は重治が光秀に援軍の派遣を申し出た書状への返書とみられ、重治が義昭の指示を受けて行動し、光秀もすでに上洛戦への協力を約束していたことが分かる内容になっています。
書状には「6月12日光秀」とあり、当時の情報伝達の速度をふまえると、本能寺の変が起こる以前に義昭からのアプローチを受けていたと考えられるということです。

■専門家の声
藤田教授は「分をわきまえた光秀らしさがにじみでている」と書状の印象を述べ、「(信長に追放された)天正元(1573)年をもって室町幕府滅亡とされるが、書状は幕府の権威が健在だった事実を突きつけている」とも話しました。

大阪城天守閣の北川央(ひろし)館長も「戦国時代に入ると、足利将軍が京都を追われることはよくあった。本能寺の変まで、義昭、信長の2つの公儀が併存していたのは確かだ」と同意。

これに対し、天理大の天野忠幸准教授(戦国時代史)は、「義昭は信長に追われ、毛利氏に庇護(ひご)されていたが、反信長派大名などに幕府再興を働きかけていた。光秀は義昭に仕えた時期もあり、義昭を戴(いただ)く政権をつくることに最後の希望をかけたのだろう。ただ、義昭が変の黒幕だったとまでは言えないのではないか」と疑問を投げかけています。

また本能寺の変に関する著書がある歴史学者、藤本正行氏も「義昭が光秀と連絡を取るために重治を使う必要があったことを示す書状でしかなく、光秀の孤立無援を印象づけている。『義昭黒幕説』など成り立たない」と否定。

背景をめぐり諸説ある本能寺の変。高知大の津野倫明教授(日本中世史)は「光秀が義昭や西国の大名と連携していたかどうかは魅力的な視点で、原本の発見により議論が白熱するのではないか」と期待をかけました。






何はともあれ写しのみしか確認されていなかったものの原本が見つかった事により「義昭黒幕説」、「室町幕府再興説」が一歩リードした形になります。

■飛び交う動機
動機がハッキリわかっていなかった明智光秀が謀反して起こった本能寺の変。
だからこそ様々な説が囁かれました。

どれも確証はないのですが単独犯説と黒幕説がまずあります。
そして個人的な怨恨説や秀吉と繋がっていた説もあります。

また暴君とかしていく信長を止めるための正義説も。

その中の一つとして「足利義昭黒幕説」が囁かれました。
藤田達生が平成13年(2001年)に著書『本能寺の変の群像―中世と近世の相剋』を発表して唱えられた説です。

信長が朝廷に征夷大将軍の任を求めれば承認される可能性があることを知った足利義昭が、その実現を恐れ、かつての家臣・光秀に信長暗殺を持ちかけたとされています。
そう光秀は元々、幕臣だったんです。

光秀は四国政策と中国攻め両方で秀吉に出し抜かれたことで自身の失脚を危惧していたことから、この申し出を引き受けとされています。
だから京都に向かった信長の天皇謁見を妨害するため本能寺の変を実行したとしています。


根拠としては、本能寺の変の直前に光秀が上杉景勝に協力を求めて送った使者が、「御当方(上杉のこと)無二御馳走(協力)申し上げるべき」と「覚上公御書集」に書かれており、明らかに景勝より身分の高い人物への協力を促していることがまずあげられます。

そして本能寺の変の直後、光秀が紀州の雑賀衆・土橋重治へ送った書状に、「上意馳走申しつけられて示し給い、快然に候」と光秀より身分の高い者からの命令を指す「上意」という言葉を使っていることや、その人物が「御入洛」するということなど、とにかく身分の高い貴人にしか使われない言葉が使用されている点があげられます。


しかしもちろん反論もあります。

義昭の名前を隠す必要が見当たらないこと。
逆に言えば、光秀の側から義昭の名前が出てこないことが直接の関与を否定する証拠となるというものです。
細川藤孝や筒井順慶へ協力を求めた際にも、義昭の存在を知らせていないようで、義昭を庇護していた毛利氏が本能寺の変を知らなかったこともあげられています。

この反論に今回発見された文書にどれだけ影響を与えるかわかりませんがこういう歴史的発見はドキドキワクワクします。






nice!(16) 
共通テーマ:学問

nice! 16

Facebook コメント

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...