So-net無料ブログ作成

14年間不明の犯人に殺された北口聡美さん父「守る事が出来ないで、ごめんなさい」と言わせないための安全対策 [ニュース]









長らく犯人がわからず未解決事件となっていた「広島県廿日市市女子高生殺人事件」の容疑者が捕まりました。
2chの未解決事件、猟奇事件を語り合うスレッドでも話題に上る常連扱いの事件だけに今後が気になります。






■事件の概要
被害者は当時17歳で高校生の北口聡美さん。

事件発生当日は中間テストの期間中であったため、午前中にあったテスト終了後に帰宅。
帰宅後、夕方まで寝ると家族に声をかけて離れにあった自室で横になっていたそうです。

しかし若い男が乱入し、聡美さんに胸や背中など10か所を執拗に刺していきます。
逃げて行く聡美さんを玄関までしつこく追いかけて行くほどです。

聡美さんの部屋の枕元の音楽機器に接続されていたイヤホンが外れている状態だったそうです。
そのことからもあわててベッドを離れたと思われ、犯人の襲来が突然だったことがわかります。

悲鳴と階段を駆け下りて行く音を聴いた祖母と妹が駆けつけると犯人は聡美さんのそばにいたまま。
本人だけに飽き足らず祖母まで刺して逃走。

祖母は重体となりますが奇跡的に一命を取り留めます。
妹は助けを求めるために裸足のまま、30m離れた近所の園芸店に助けを求めました。

■10年以上立っても話題になる理由
聡美さんに大きなトラブルがないことも理由です。

加えてなぜ聡美さんだけを出血多量で死亡するほど執拗に刺し続けたのかという動機が不明なことが最大の理由でしょう。
犯人が不明なことに加えて「安全なはず」の自宅で無抵抗の若い女性が殺されるという陰惨な場に変わってしまいます。
二重の不気味な怖さが2chなどインターネットでまことしやかに囁かれるのでしょう。






■トラブルはないが不明なこと
被害者の遺品で唯一返却されていない携帯電話には何らかの関係があると思われる男性2人組の名前が登録されています。
しかし、被害者の行動範囲は塾・学校・自宅周辺と非常に狭く、友人や家族でさえも心当たりのない人物だそうです。

登録名も「〜くん」と言う敬称から、同世代の男性であると思われていますが、身元は分かっていない。
同年代と行って良いのか・・・彼女がただ単に親しい人物だからくん付けしていただけの可能性もありますね。

ここも謎のひとつです。

■痴情のもつれ?
今回、逮捕された鹿嶋学容疑者と関係があるかどうかも不明です。
当時は21歳。

同年代ではありませんが歳も近いですし何かのきっかけで彼女と知り合った可能性もありえます。
この時期の女性は背伸びをしたがります。

交際期間があり、そのことを本人は周りに話していなかったのではないでしょうか?
秘密性にテンションがあがっていたのかもしれません。

何かでイザコザがありそれがきっかけで恨みを買ってしまった可能性もあります。
それに彼氏であれば家の住所を知っていても違和感はあります。

しかし近所にバレないはずがないし同級生など親しい間柄で噂が立たないはずがありません。
上記で書いた通り、彼女の行動範囲が狭いからです。

■本人すら知らなかったストーカー
ということで考え直した結果、ストーカー説の可能性です。

聡美さんは可愛らしい容姿をしているので街中で見かけて一目惚れしたのかもしれません。
でも声をかけれずストーカー化。

身元不明の電話番号を登録している男性という自分以外と知り合い、親しくなっていく彼女に怒りが湧いた末の犯行もありえます。

または鹿嶋容疑者が一方的に好きだっただけで聡美さんにとってはちょっと年上の「親しい友人」だったのかもしれません。

ちょっと親しい友人であってもストーカーでもこれまた家の住所を知っていてもおかしくはありません。

しかしストーカーはある程度の痕跡や手順があるはずです。
探してみた所そのようなこともないようです。

うーん・・・本当に謎。
警察は慎重に解明していくそうですからおいおい報道されるでしょう。

■お父さんのコメント

事件の翌年から娘についてのことをつづっているお父さんのブログがあります。

捕まった事についてもコメントしています。

容疑者を逮捕
https://blog.goo.ne.jp/npo-friends/e/19cc80ec23694a0ba9c76794677ab93f

お父さん自身が容疑者と書いていることからまだ信じきれてはいないのでしょう。
コメントからも無念さ伝わります。

■法律の成果
今回の事件は時効が撤廃されたことにより捜査が続行されているからこそ「逮捕」できました。
しかし聡美さんはかえって来ません。

家族の無念は一生もの。
そのことを思うと胸が苦しいです。

■防犯意識を持って!
自宅であっても安心のできない時代になりつつあります。

セコムが女性にできる身の守り方をまとめてくれています。

こんな時どうする? 防犯対策ファイル
https://www.secom.co.jp/anshinnavi/bouhanfile/#01

行きつけの場所を作らない
まず外出時にできることは、行動をワンパターン化しないこと。

コンビニなどを固定化しすぎず、道を変えてみるのもいいでしょう。
とにかく「いつも同じ」ということは控えましょう。

住所を知られないように口座振替
公共料金は自動引落しにしてください。
並んでいる間にあなたの住所を店員や後ろの人に見られている可能性があります。

防犯グッズを持つ
防犯グッズを持つ事もおすすめします。
今は可愛い防犯グッズがたくさんでています。


なるべく音の大きいものを普段から持つ事も多いバッグなどに防犯ブザーをつけてください。

もし、不審な人物などに遭遇した場合、まずは短く防犯ブザーを鳴らしてみてください。
「私は身の危険を知らせる道具を持っています」とアピールできます。

夜道対策

追いかけられたと気付いた時は自宅に無理矢理帰るのではなく、コンビニや警察官がいる交番や警察署に駆け込んでください。

よく使う道は特に逃げ込みやすいお店や交番などを覚えておいてください。
そしてなるべく国道や大通りなど大きい道を歩いてください。

加えて私はなるべく防犯カメラがある場所を歩いています。
証拠を残せるようにです。

近づいて歩けば犯人の顔が映る可能性がありますし。

夜道ではスマホなどながら歩きや周囲の音が聞こえないほどの音楽をかけるのは控えましょう。

また他人の利用者がいてもおかしくない駐車場や駐輪場などを利用するときも注意してください。
あなたを付けねらっている人かも。


事件は色々な対策を教えてくれます。
犯罪が起こりやすい春ですから余計に注意したいです。

まずは防犯対策をしっかりしてください。
日頃から意識していれば絶対できます。

そして巻き込まれたとしても考えることをやめず、そのときにできることを必ず実行してください。
1発、2発殴るくらい過剰防衛になりませんよ!








nice!(10) 
共通テーマ:ニュース

nice! 10

Facebook コメント

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...