So-net無料ブログ作成
映画/ドラマ ブログトップ
前の10件 | -

テレビドラマ「陸王」で紹介されていたミッド着地走法(ミッドフット)のメリットと気をつけて欲しいこと。 [映画/ドラマ]








10月からテレビドラマが放送開始された「陸王」。
創業100年の老舗足袋会社「はぜ屋」が起死回生を図るためにランニングシューズを開発製造する話です。



銀行からの融資廃止やライバルからの嫌がらせなど紆余曲折を迎えて行きますが一部ではサービス残業が話題になっています。

しかし今回、私が話題にするのはそちらではなくドラマ内で解説されていた走り方です。
日本人でも昔は一般的であった「ミッドフット」(ミッド着地走法)です。

ミッドフットは足の裏全体で着地をする方法のことです。
ふくらはぎなど小さい筋肉だけではなくお尻の大きい筋肉を使って走ることになります。






大きいということは耐久力があるということにつながりラクに走る事ができるんです。

また足の裏全体だから力や衝撃が分散することになります。
だからケガの軽減や疲れにくさにもつながることになります。

それだけではなく上下運動が少なくなり、無駄なエネルギーを使わずに済みます。

また、フォアフット走法は重心の真下で着地します。
ブレーキがかからずにそのままに走る事ができることも利点です。

これによってランニングやマラソンなどで効率的に力を使うことができます。

このことでタイムも縮むなどプラスの効果が期待できます。
だからドラマ内でもおすすめのような紹介をされていたのだと思います。




ただ気をつけて欲しいこともあります。

この走法は運動能力が高い黒人選手が多く使うものです。
人種が違う日本人がすると足腰を痛めるという話もあるのだそうです。

いくら耐久力があっても衝撃はあるのでそれなりの筋肉量は必要になります。

だからただ走るのではなくケガを防ぐために筋肉量を増やすための筋トレもすることをおすすめします。


しかし現代人は「ヒールストライク」(ヒール着地走法)で走ったり歩いたりしている人が多いのだそうです。






nice!(24) 
共通テーマ:テレビ

長谷川博己主演で「獄門島」放送。この裏話を知ればドラマも原作も奥深く理解できる! [映画/ドラマ]






max16011508-2_TP_V.jpg


今日、NHKで長谷川博己主演の「獄門島」が放送されました。
映画版を入れると6度目の実写化です。



人気のほどがわかりますね。
私はまだ原作も過去の映像作もまた見ていませんがタイトルだけは知っています。

食わず嫌いな意味で苦手意識があったのですが最近ミステリー熱が高まりつつあるので原作も読みたいし見たいです。


獄門島[東宝DVD名作セレクション]

獄門島のストーリーは復員した金田一耕助がマラリアで死んだ戦友・鬼頭千万太の死を知らせるために実家に向かうところから始まります。

本陣殺人事件を解決した探偵と知っている千万太が頼んでいて息絶える前に「おれが帰ってやらないと、3人の妹たちが殺される…」という言葉を遺していました。

この閉鎖的な家と島の中、美人3姉妹を守ろうとするもどんどん殺されて行くというものです。


まだ見ていないのですがキチガイというシーンがあるらしいですね。
そこはどうなったんだろう?

「気が触れている」と言い変えるのかシーンを省略しているのか。
ちょっと楽しみです。


ストーリーの解説やネタバレは多くの人が書いていると思うので私は裏話を書きます。

事件の内容は、歌舞伎「京鹿子娘道成寺」とも関係性が深いそうです。



3人娘の母親であるお小夜(故人)が「娘道成寺」を得意とする旅役者。

初めに殺される花子は登場する白拍子の名前。

次に殺される主要テーマである釣鐘の中で発見されます。

最後月代は白拍子のような装束で殺害。

また被害者全員に共通している手ぬぐいによる絞殺は娘道成寺にでてくる小道具です。


ヒロイン鬼頭早苗は、金田一耕助が生涯愛した女性の1人です。

金田一は獄門島を離れる際、早苗に「島を出て一緒に東京へ行きませんか」とプロポーズとも取れる言葉を掛けています。
しかし、「島で生まれたものは島で死ぬ。それがさだめられた掟なのです。もうこれきりお眼にかかりません。」と島に残る決意を固めており、振られてしまうという結果に終わっています。

大人なロマンを感じる別れ方ですね。


また作中に出て来る句には元があります。

「むざんやな冑の下のきりぎりす」と「一つ家に遊女も寝たり萩と月」は松尾芭蕉の作。
「鶯の身をさかさまに初音かな」は宝井其角作です。



また獄門島の裏話というわけではないかもしれませんがファンが金田一のコスプレをして事件の舞台を練り歩くというイベントがあります。
コスプレイベント 1000人の金田一耕助

BS NHKで放送された横溝正史の著作を語りあう番組で知ったのですが壮観でしたね。

未だにこんなに人気あるんだなーって(笑)
しかも結構若い人もいたように思いました。


金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件(上) (講談社コミックス)
金田一耕助シリーズから派生した?作品としては「金田一少年の事件簿」がありますよね。

主人公の金田一一は金田一耕助の孫という設定。
「戦後犯罪史上に残る大事件獄門島を解決した金田一耕助の孫」というセリフがあるくらいですから実在の人物として扱われているということですよね。

金田一はアニメも原作も小学生のときくらいに見ていたものはうすら怖くてドロドロしていてこわ面白いってイメージですw
(ドラマは堂本版もおなじ雰囲気だった希ガス。マーメイドなんちゃらとかそんな名前の奴とか)


獄門島に限らず何度も版を重ね映像化されるのですが色あせないストーリー展開・トリックがあるんだと思っています。

当時の世情や雰囲気も知れそうだし近い日に絶対読みたい!


獄門島 (角川文庫)

獄門島 (角川文庫)

  • 作者: 横溝 正史
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 1971/03/30
  • メディア: 文庫



犬神家の一族 (角川文庫―金田一耕助ファイル)

犬神家の一族 (角川文庫―金田一耕助ファイル)

  • 作者: 横溝 正史
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 1972/06
  • メディア: 文庫



八つ墓村 (角川文庫)

八つ墓村 (角川文庫)

  • 作者: 横溝 正史
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 1971/04/26
  • メディア: 文庫



悪魔の手毬唄 (角川文庫)

悪魔の手毬唄 (角川文庫)

  • 作者: 横溝 正史
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 1971/07/14
  • メディア: 文庫









nice!(106)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

真田丸の脳筋担当、加藤清正 その内政と城作りの手腕 [映画/ドラマ]






1178a69edde5f76b023090d2e76b1092_s.jpg


真田丸では「脳筋(考えるより体が動く方が先というキャラ。脳みそまで筋肉という意味)」として描かれている加藤清正。
その人物像について書きます。


清正は秀吉の親戚で、小さいころから三成とともに仕えます。

本能寺の変の翌年に起こった賤ヶ岳の戦いでは戦果をあげ、「賤ヶ岳の七本槍」の1人と言われます。
しかし本人はそのことをひどく嫌がっていたようです。

秀吉自身が正当性と栄光を強調するために宣伝しただけで虚名に近かったというのが通説。
また今日の研究では清正の立身は羽柴家の財務・民政における功績の部分が大きく、賤ヶ岳の戦いでの戦功は異例に属していたとされています。


上記のような武人として以外にも内政・城作りでも活躍しています。
熊本城はもちろん名護屋城、蔚山倭城、江戸城、名古屋城など数々の城の築城に携わっています。
ペーパークラフト 日本名城シリーズ 1/300 熊本城

飯田直景、大木土佐らと穴太衆を用いて領内の治水事業にも意欲的に取り組みました。
現在でもその遺構が熊本県内に残っています。

さらに驚きなのが400年たってもなお使われ続けているものがあるということです。

また農業行政でも力を発揮し、地元では「せいしょこ(清正公)」と呼ばれ親しまれています。

熊本4大河川改修をしたことにより広大な穀倉地帯が生まれます。
干拓と堤防の整備したことにより海岸に近い地域にも広大な畑作地域が生まれます。
用水技術も整えたため、一気に生産性があがったことによります。


領民からも慕われていたようですし文武両道な無骨な人だったのかもしれませんね。




加藤清正 虎の夢見し (幻冬舎時代小説文庫)

加藤清正 虎の夢見し (幻冬舎時代小説文庫)

  • 作者: 津本 陽
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2013/06/11
  • メディア: 文庫












nice!(13)  トラックバック(4) 
共通テーマ:学問

渥美清の代表作は「男はつらいよ」だけじゃない!そこから見える軍隊生活と受け皿 [映画/ドラマ]






お葬式


今年は渥美清さん没後20年です。



代表作と言えば当然、「男はつらいよ」。

渥美清さんはそれ以外にも数々の戦争映画にも出演しています。
私も少しだけですが見たことがあります。

今回紹介するのは背景天皇陛下様


人気があったのか全く同じキャスト・スタッフの「拝啓天皇陛下様があります。


ちなみに1994年公開の「男はつらいよ 拝啓車寅次郎様」というタイトルはここからとられています。


ストーリーは漢字がほとんど読めず、カタカナしか書けない純朴な男性が、兵役義務により新兵となるところから物語ははじまります。
戦友であり良き理解者でもある棟本博との長年にわたる関係を軸に構成されています。

棟本の戦後の回想が舞台です。

見ていて思ったのは山田(渥美清)はやはりひょうきんだし語り口が自然にでています。
この映画は喜劇なのでよく合っています。
後輩をシゴく姿も本当ならどん引きのハズなんですけどね(笑)

終わりも山田らしく暗いものではありません。

やはり渥美さんは喜劇が好きだったのかなぁ。

昭和それも白黒の映画というものに興味はなかったのですが少し持ち始めたきっかけの映画です。


またこの映画は事実を表しているわけではないでしょう。
が「軍隊とは一大失業者対策」と言えるものでした。

今と違って本当に字を読めない人はいたでしょう。
でも軍隊ならそこまで困らなかったでしょう。

字を書けないからといって仕事ができなくなるわけではない。
いざとなれば誰かに代筆してもらえばいいんだし。

でも日常の仕事はそうはならない。
あぶれればお金がないから食事もできない。
そうなれば犯罪に走らざるおえない。

そういった存在を受け入れてくれるのが軍隊だったのでしょう。




<あの頃映画> 拝啓天皇陛下様 [DVD]

<あの頃映画> 拝啓天皇陛下様 [DVD]

  • 出版社/メーカー: SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D)
  • メディア: DVD



<あの頃映画> 続 拝啓天皇陛下様 [DVD]

<あの頃映画> 続 拝啓天皇陛下様 [DVD]

  • 出版社/メーカー: SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D)
  • メディア: DVD








↓yuriko matsumoto公式通販です(クリックできます)








nice!(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

大谷吉継の官位「刑部少輔」とは? [映画/ドラマ]






1178a69edde5f76b023090d2e76b1092_s.jpg


石田三成と共に人気がある大谷吉継。


父親の説は
・六角氏の旧臣・大谷吉房←有力
・青蓮院門跡坊官・大谷泰珍(華頂要略の坊官大谷家系図に名があること本願寺坊官・下間頼亮室が妹であることから)


母は豊臣秀吉の正室・高台院の取次役であった東殿であったことがわかっています。

彼は刑部少輔です。
司法全般を管轄し重大事件の裁判・監獄の管理・刑罰を執行することが業務です。
裁判官、検察官を合わせたようなものです。

しかし平安時代に検非違使が設置されて以降有名無実化しました。
石田と共に名ばかりです。

大輔(正五位下相当) - 一人
少輔(従五位下相当) - 一人←大谷はココ
輔の唐名:「刑部侍郎」「大理少卿」「都官郎中」
大丞(正六位下相当) - 二人
小丞(従六位上相当) - 二人
丞の唐名:「刑部郎中」「刑部員外郎」「大理丞」「大理録事」「大理員外郎」
大録(正七位上相当) - 二人
少録(正八位上相当) - 二人
録の唐名:「刑部主事」「刑部主簿」
大判事(正六位下相当 唐名:「大理正」「大理司」「廷尉正」) - 一人
中判事(正六位下相当) - 一人
少判事(従六位下相当 唐名:「大理丞」) - 二人
判事大属(正七位下相当)
判事少属(正八位下相当)
属の唐名:「大理録事」「評事史」「評事主簿」
大解部(従七位下相当)
中解部(正八位下相当)
少解部(従八位下相当)

大名と言えど武士。
従五位下が与えられるギリギリなんですかねえ。












炎の仁将 大谷吉継のすべて (新人物往来社文庫)

炎の仁将 大谷吉継のすべて (新人物往来社文庫)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 新人物往来社
  • 発売日: 2012/08/07
  • メディア: 文庫








↓yuriko matsumoto公式通販です(クリックできます)








nice!(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

石田三成の官位・「治部少輔」とは? [映画/ドラマ]






1178a69edde5f76b023090d2e76b1092_s.jpg



大河ドラマ・真田丸の中でも人気を集めている石田三成。
彼は「治部少輔」とも呼ばれることがありますがどのような役職なのでしょうか?


外事・戸籍・儀礼全般を管轄する市民課と外交官を合わせたようなものでしょうか。

詳しくは姓氏に関する訴訟や、結婚、戸籍関係の管理および訴訟、僧尼、仏事に対する監督、雅楽の監督、山陵の監督、および外国からの使節の接待などを担っていたようです。


朝廷は律令制で動いています。
その中の治部省は

大輔(正五位下)[定員2名]
少輔(従五位下)[定員2名]←三成はココ
大丞(正六位下)[定員1名]
少丞(従六位上)[定員1名]
大録(正七位上)[定員1名]
少録(正八位上)[定員1名]


という役職でなりなっています。
NO.3という地位になります。


しかしこの役職は地位を「与える」のみで仕事はしていません。
その分給料もなし。
名刺上に書くことができる肩書みたいなもので名乗ることができる名誉職です。

公家・武家どちらもが理解できるわかりやすいんです。
権威も得られるし領国支配の正当性も主張できるし一石二鳥なのでしょう。

なお信長の時代からすでに名誉職だった模様。


また従五位下というのは貴族の階級・ランクを示すものです。
治部少輔はあくまで役職です。

比較的大きめの国の国司(知事)に相当します。


従五位下以上が貴族ですが「公家」ではありません。

功績や天皇が許可すればもらえる地位です。
(ちなみに今でも使われてる)

英国貴族でいう「公・候・伯・子・」の男爵です。
相応の格が必要とはいえ金で土地を買えば比較的簡単に手に入ります。

それは戦国時代でもそうだったようで伊達は献金の末にようやく陸奥守を名乗ることができたようです。
だからほとんど自称だったようですね。


新訂 官職要解 (講談社学術文庫)

新訂 官職要解 (講談社学術文庫)

  • 作者: 和田 英松
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1983/11
  • メディア: 文庫



増補改訂版 日本史に出てくる官職と位階のことがわかる本 (歴史)

増補改訂版 日本史に出てくる官職と位階のことがわかる本 (歴史)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/中経出版
  • 発売日: 2014/07/01
  • メディア: 単行本








↓yuriko matsumoto公式通販です(クリックできます)








nice!(7)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

直江状の気になるイヤミたらしい内容 実は改変の疑いあり [映画/ドラマ]






b2a07ce9e24a798a7886e5d0e73ded79_s.jpg



毎週、twitterでも実況で大盛り上がりする「真田丸」。


今週は特に通称「直江状」が話題だったようです。


徳川家康から謀反の疑いありとされた上杉景勝。
上洛を命じられるもののそれにすら応じない。
さらに拒否したため会津攻めが決定する。

この経緯の際に直江兼続が贈った書状が「直江状」です。


内容は家康からの質問に答える形で書かれています。

領国経営に関しては
「家康様がご心配するほどではありません。ご安心ください。

それに私たちは一昨年国換えしたばかりです。
その直後に直後に上洛したにも関わらずまた命じられましても当惑するばかり。
領国の政務に取り掛かりたくてもできません。

また会津は雪国であるため10月~2月までは身動きできません。

それに私たちの釈明を聞く前に謀反を企てている者にまずは真意を聞いてみてはどうですか?」



武器を集めているのでは?という質問には
「あなた方が茶器を集めているように武具を集めているのです。 私たちにとってはなかなか風流に映るものものですよ」


橋かけたり道を整えてるのがいかにも謀反っぽい!というものには
「インフラを整えるのはむしろ領国運営のうちです。民のことを思えばこそ。
謀反をしたければ封鎖し攻められないにします。
景勝様を舐めないで頂きたい(と言ったかどうかはわからん。けど真田丸のセコム直江は言いそう)」


朝鮮出兵するからお前らも兵をだせ!というものには
「あんな終わり方したのにまた行くんですか?冗談は寝ているときだけにしてください」


というように不審に思うなら家康様が会津まで来い!用意は出来ていると言っているんですね。
しかも長々と長々と書いているんです。

その長さ、約5メートル45センチ、幅約30センチ



ヘルシング風に言うならよろしい、ならば戦争だ!状態?(使い方があっているかわかりませんが)

こんな文が書けるくらいだから本当に真田丸みたいな人なんじゃないか、と思える不思議。

伊達政宗とのエピソードも挨拶しないで通り過ぎようとする直江に激怒していると
「おぉ!その後ろ姿は伊達どの!!戦では逃げていく後ろ姿しか拝見したことがないからわかりませんでした」
って言うくらいだし。

ただこの手紙には最も古い写本である南部本が成立しており、江戸時代の京都で中村五郎右衛門が和装本の往来物として刊行しているものが流布したものと思われます。

つまり原本がない状態です。

燃やされたのか行方不明なのかどこにあるのかもわからない状態です。

家康が激怒したことは確かのようですが会津征伐を正当化するために改変したのではないかとも言われています。

それに本来はあくまでも堀直政による讒言への扱いに抗議するものとされています。


真田丸 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

真田丸 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2016/05/20
  • メディア: ムック



ぶらり真田昌幸・信繁の城跡&温泉めぐり (ご当地戦国武将・旅行ガイドブック)

ぶらり真田昌幸・信繁の城跡&温泉めぐり (ご当地戦国武将・旅行ガイドブック)

  • 作者: マコト出版
  • 出版社/メーカー: マコト出版
  • 発売日: 2016/08/16
  • メディア: 単行本









↓yuriko matsumoto公式通販です(クリックできます)








nice!(19)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

めぐり逢わせのお弁当を観に行きました [映画/ドラマ]




まとめるのに時間がかかったけれどお盆休みに母と観に行きました♪

インド映画って何かっていうと踊りだすイメージだったけれどこういうのは面白いですね!

見終わった後はカレーが食べたくなったね、と母と話したため夕食はそうなりました(笑)

【視聴】めぐり逢わせのお弁当


 

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

それはしあわせになるためのひとしずくーぶどうのなみだ [映画/ドラマ]



北海道、空知


父親が遺した小麦畑と葡萄の樹のそばで、
兄のアオはワインをつくり、
ひとまわり年の離れた弟のロクは小麦を育てている。

かつて東京へ出たアオは夢破れて故郷に戻り、
“黒いダイヤ”と呼ばれる葡萄ピノ・ノワールの醸造に励んでいるが、
なかなか理想のワインはできない。

そんなある日、キャンピングカーに乗ったひとりの旅人が、
突然ふたりの目の前に現れた。

エリカと名乗る不思議な輝きを放つ彼女は、
アオとロクの静かな生活に、新しい風を吹き込んでいく・・・

大阪は大阪ステーションシティシネマTOHOシネマズなんばTOHOシネマズ くずはモールMOVIX八尾で公開予定です。


ぶどうのなみだ HP


 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

CMで世界を変えられるのか!?ー映画 「NO」 [映画/ドラマ]



1988年、ピノチェト独裁政権末期の南米チリ。

フリーの広告マンとして忙しい日々を送っているレネ・サアベドラ(ガエル・ガルシア・ベルナル)のもとに、かねてから家族ぐるみの付き合いがある友人ウルティア(ルイス・ニェッコ)が訪ねてくる。ウルティアは反独裁政権の左派メンバーのひとりで、近く実施される政権の信任継続を問う国民投票の反対派「NO」陣営の中心人物であった。

今回、投票までの27日間、政権支持派「YES」と反対派「NO」それぞれに1日15分のPR ができるテレビ放送枠が許され、広告やCM 制作の責任者として新進気鋭のクリエーターであるレネに白羽の矢が立ったのだ。

政権が対外的に平等をアピールしているだけの出来レースと、気乗りしないレネだったが、次第にプロの広告マンとしてのプライドをかけて制作に取り組むようになっていく。

はじめ、彼の作る資本主義の象徴のようなCMは独裁政権下で弾圧をうけ迫害されてきた党員たちから非難されるが、明るい未来、喜び、そして希望を謳いあげる斬新でウイットに富んだ言葉や映像は国民の心をつかんでいく。

そんな風潮に焦りを感じた「YES」陣営たちは、賛成派の広告アドバイザーとして関わっていたレネの上司グスマン(アルフレド・カストロ)を広報責任者とし、強大な権力を使って「NO」陣営へ妨害と脅迫行為を繰り返し、押さえ込んでいく。

「YES」派と「NO」派の熾烈なCM合戦が繰り広げられ、いよいよ投票日がやってくる…。


 
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 映画/ドラマ ブログトップ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...