So-net無料ブログ作成

北朝鮮が核実験を2回実施。アメリカと韓国はどう対応していくのか? [ニュース]










3日午後0時36分、北朝鮮北東部の咸鏡北道・吉州郡付近でマグニチュード(M)5.6の地震が発生したと韓国気象庁が発表しました。
北朝鮮の核実験による人工地震と推定されていましたが核兵器研究所が「大陸間弾道ミサイル(ICBM)搭載用の水爆実験に完全に成功した」とする声明を重大発表として発表しました。




地震の大きさがうかがえる動画もアップロードされています。



ICBMの弾頭部に搭載する水爆製造の威力の調整、内部構図の設計に対する正確さや信頼性を検討・確証するため行われたということです。

北朝鮮の今回の核実験は6回目で昨年9月の5回目以降、約1年ぶり。
国の文在寅(ムン・ジェイン)政権発足後初めてになりました。

そしてこの後、M4.6の地震が発生していることからも上記の1回のみならず1日で2回行われた可能性があります。






北朝鮮に対して強硬姿勢を見せる米トランプ政権に対して核能力の進展を誇示する狙いがあるとみられます。
が、日本・アメリカ以外の国際世論からも非常に強い非難を浴びそうです。

ここのところ、ミサイル発射が多くピリピリしているところにこの事態。
アメリカの本格的な戦争への移行があってもおかしくないような気がします。

少なくとも60発以上のミサイルを発射しないことには威嚇の威力はないでしょう。




文在寅大統領は親北朝鮮らしく振る舞って来ました。



今更どうするのかと思ったのだけれどどうやら対策するみたいですね。

韓国国民がその姿勢に注目していたのかはわかりません。
がそれまでの態度との違いを悪い意味で捕らえるかもしれませんよね。

彼の指示率はどうなるのでしょう?
矛盾と捉えるのでしょうか?






nice!(20) 
共通テーマ:ニュース
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...