So-net無料ブログ作成

得をする定期券・チケット購入のコツを知って消費税増税に備えよう!キリィッ [ブログ]







消費税増税に合わせて電車・バスの料金が上がります。
今回は私が大阪に住んでいるので大阪の私鉄中心に書かせていただきます。



NKJ56_ICjidoukaisatu500.jpg




JR西日本と近畿日本鉄道や阪急電鉄などの私鉄5社が申請したのですがICOCAやPiTaPaなどのカード型IC乗車券の普及率が3〜4割が低いことを理由に1円単位での転嫁を見送り10円単位で実施するそうです。
そして大阪駅から関西の主要駅は10~50円値上がりします。
大阪-新大阪は160円のままです





◆阪急
梅田ー三宮 :310円320円
梅田-河原町 : 390円400円

◆阪神電気鉄道
梅田-三宮 : 310円320円

◆京阪電鉄
淀屋橋-出町柳 : 460円470円

◆近鉄
普通運賃を最大で80円値上げ

◆南海電気鉄道
難波-和歌山市 : 890円920円




さて、こういう値上げというのは塵も積もればなんとやらと言いますし特に通勤・通学で私鉄などを利用する方には痛いですよね。
だから少しでもお得に利用したい、と思うのが人間の性。
今回はその方法をご紹介します。



定期券の継続購入が使用開始日の14日前から購入が可能なので増税後に期限が来る人はその制度を利用する方法もあります。

1ヶ月きっちりと使い切って払い戻すという方法もあります。ただしその場合、手数料がかかるのでご注意。
3ヶ月定期を買っている人は増税前に残り期間をきっちり2ヶ月残して6ヶ月定期に買い換えるとお得です。



また、回数券で3月31日までに購入した回数券は4月の増税後も使う事ができるので増税前の値段で乗車できます。
有効期限に気をつけなければいけませんが増税直前に買うのもありかもしれません。



定期券、回数券どちらにしても増税は年度が変わる節目と被ります。
通勤・通学する方で期限の時期が大多数の方と重なると思われますので売り場も混むと思います。
早め早めの購入や計画をおすすめします。



新幹線や飛行機の予約チケットも4月以降の利用でも3月31日前までに購入すれば増税前の値段で乗ることができます。
また、リーガロイヤルホテルは増税前にチェックインなさった方で朝食付きの宿泊の方は増税前のお値段ですがルームサービスは日付が変わった後は当然増税後の値段になります。 by ちちんぷいぷい







nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

南海利用予定

区間指定でない金額式回数券はどうなるのでしょう。
旧運賃適用されないように思えるのですが。。。
by 南海利用予定 (2014-03-29 19:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0