So-net無料ブログ作成

「深煎りの魔女とカフェ・アルトの客人たち」から興味を持った簡単にできるドリップコーヒーの美味しい淹れ方 [読んだ漫画/本/雑誌の感想]






深煎りの魔女とカフェ・アルトの客人たち ロンドンに薫る珈琲の秘密を読みました。
ロンドンにある小さなカフェを営む女主人の下に集まる常連の様々な人生と小さな謎を描く本です。



どのお話も人それぞれ、人生の中で経験しうるエピソードばかりでした。
出会い、別れ、騙し、騙され、虚勢を張る、そして恋。

どれも一瞬の出来事だけれどそのはかなさがいい。

そして女主人のアルマがクラブのママのようにお客に甲斐甲斐しくお世話をしたり気持ちを汲んでいる姿がとてもよかったです。
静かな湖のようでした。

■美味しく淹れる方法
アルマの近くにありお客を優しい気持ちにさせてくれるコーヒー。
私も飲みたくなりました。

そこで身近にあるブレンディのドリップパックで美味しい淹れ方を試してみることにしました。


いざ検索してみると色々なこだわりかたがあり、手順が多く温度計など持っていない器具もあって難しい・・・。

私のようなズボラでもできるような方法はあるかな?とさらに探してみました。
こだわるといくらでも美味しく淹れる方法はあるのは当然なのだけれど初心者の私にはわからないことだらけなので。

そこでドリップパックの淹れ方のページを見つけました。
http://www.coffee-banca.jp/user_data/drip_bag.php

①ドリップパックをカップに設置します。
IMG_3725.JPG

②熱湯を少量淹れた後、10秒~20秒蒸らします。
IMG_3727.JPG

③これを2回~3回にわけてしてください。
ゆっくり淹れるとより濃く抽出できるそうです。

実際にしてみると柔らかい苦みがあって美味しく淹れられた気がします。

少量のちょうどよさが人によって違うと思うので模索が必要ですが、確実に以前とは違う美味しさでした。











nice!(14) 
共通テーマ:

nice! 14

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。