So-net無料ブログ作成

どんな「立場」の「誰」に対して「何」を伝えたいの? : 伝わる文章を書く技術 [読んだ漫画/本/雑誌の感想]





↑google adsense



伝わる文章を書く技術」を読みました。
著者の印南敦史さんは週5日でビジネス書の書評を書いているライターさんです。


ライフハッカー」という仕事術や生活情報を紹介しているサイトです。
その中の1コーナーで文章を書いています。

■読者像を明確にする


印南さんは「必要な情報を短時間の通勤でつかみすぐに活用したい人(男女?)」を読者像としています。

伝わる文章の条件を「性別」、「年齢」、「立場」という3本柱で表現しています。
上記はまさに満たしていると言えます。

「読んで欲しい人」をハッキリさせることが大事なんです。

「必要としている文章はこれだろう」、「活用して欲しい情報はこれ!!」と明確にできます。
力強く説得力をマシマシできるから面白い記事になることでしょう。

また、書く側としてもある程度のルールのもとで書くことができます。
もやもや~~~としたままキーボードをカタカタさせるより筆が進みますよ。





■ビジネス書の書評方法がわかる!


印南さんは情報を伝える本を書評している人なので必然的に内容もそうなっています。

「情報を必要としている人に伝えたい!」と思っている人にピッタリだと思いました。

書名、著者名、出版社名、内容説明 [>] 引用 [>] 解説 [>] 引用 [>] 解説 [>] まとめ

という順で、「その本が自分にとって必要かどうか」を判断させられるようにすることが大事。

解説には具体的な資料がつけられればなおのこといいのかもしれません。


ためしにライフハッカーに載っている書評を読んでみました。
ライフハック.png

仕事で自分を押し通し、攻撃から身を守る「ポジティブな攻撃性」とは?
https://www.lifehacker.jp/2018/09/book_to_read_eight_principles.html

気が小さくても立場を悪くせずとも職場のアホを撃退できる! 都合のよすぎる方法」という本を紹介しています。

「自分の立場を悪くしないけれど自己主張(企画)を押し通したい!」という根回し力を鍛える本です。
メール術などある程度のテンプレがあるわけではなく練習と訓練が必要なものです。

確かにナナメよみしていてもわかる内容でした。

小見出しだけでも伝えたいことがわかる記事だと思います。



■シンプルを心がけ、マネしたい人の文章と本を読み込め!


ははっきり言って技術的には目新しいことは全く書いていない本です。
期待している人はガッカリするかもしれません。

私はシンプルな文章と読者像を心がけろ!ということが分かったことが収穫です。

「文章をマネするから始めてオリジナリティにしていけばいい」という言葉も嬉しい。
無からオリジナリティをひねりだそうとしてうまくいかない私にはありがたい言葉でした。

語彙力や言葉、文章のストックはやっぱり本を読むしかないようです。

確かに普段、せいぜいネット記事や雑誌しか読まない母は「ブログが書けない」とサジを投げていたなぁ・・・。






nice!(24) 
共通テーマ:

「呪い」は存在しない : 百鬼夜行抄10巻 [読んだ漫画/本/雑誌の感想]









今市子さん著の「百鬼夜行抄」10巻を読みました。
妖怪や幽霊など、人には見えない存在が見えるし話せる青年が怪異と出会っていく(巻き込まれる?)話です。


10巻では主人公は高校生から大学生になっているので登場人物にも幅がでています。

主人公の司は人間の世界とは別の存在が認知できるという特異な存在です。
まるでBLEACHの黒崎一護みたいですね。

あ、むしろ同系統の夏目友人帳の夏目貴志くんみたい、と言ったほうがいいでしょうか?


ただ彼自身には妖魔を退治したり成仏させる力は全くありません。
せいぜい説得して妖魔自ら人間と距離を置かせる程度です。

その分、力ずくで解決させられる青嵐という司を守るという契約を祖父としている存在がいます。
結構自由気ままではあるもののやはり彼にも解決しきれないものもあります。

彼の場合は司が守れればいいという精神のようですが。

■呪いは存在しない


10巻では「骨の果実」という回があります。

ある時期から定期的に土がある家族に送られてきます。
送られる家族は司の母親が主催している茶道教室の生徒さんです。

土を使うと家庭菜園レベルのものでもよく育ちます。
が、実がならないものにまでなりどれも一緒。

果ては「虫コブ」らしきものとなってしまう始末。

やはり土にイワクがあり分けてしまった周囲の人たちにも気味悪がられます。
原因がある義父は「妻が近づいてくる。謝罪も金も渡した」と発狂状態。

土をもらい受けてしまった司家族は土もよからぬ存在も遠ざけることはできたものの・・・。


原因を作ってしまった本人に帰ってきているので割と因果応報といった話です。
妖怪と幽霊の中間といった存在が話の中心です。

妖魔自身は何も恨み言を言っていません。
「家に帰りたい」と願っているだけなんです。

願いを助け、負の感情を持って恨んでいるのはむしろ人間です。

義父は金も払って謝罪し罪を償っている「つもり」だからともう終わっているつもりでいるんです。
その態度に恨みを持っているのは幽霊じゃないんですよね。

それがポイントのように感じました。

異形のものだからこそ負の感情を持っていると思いがちです。
だからこそ違う世界で暮らしているからか案外、人間の世界には入り込んでいないかもしれません。

やましい心があるからこそ、後ろめたい感情が心を締めてしまうもの。
自分で自分を絞め殺しているんです。

だから他人⇒自分に来るという「呪い」は実はないのかもしれません。


nice!(17) 
共通テーマ:

家族に恵まれ続けず、振り回され続けた「歌謡曲の女王」ー「美空ひばり 最後の真実」 [読んだ漫画/本/雑誌の感想]








今年は美空ひばりが亡くなって30年になります。
晩年は「川の流れのように」が有名ですが他にも「悲しき口笛」、「リンゴ追分」など戦後のヒット作にも恵まれた歌手です。

その年に合わせて「美空ひばり 最後の真実 」を読みました。


著者の西川幸昭さんは1964年に公開された「新蛇姫様 お島千太郎」の宣伝で出会います。

その後2000年から13年間、フィルムコンサートを企画実施し全国を回った人物です。

本の内容も様々な著書や関係者の話を交え、神格視されてしまいがちな美空ひばりの裏の顔も書かれています。
生まれた年に亡くなったので「歌謡曲の女王」としての特集番組しか見たことがない私には新鮮でした。

■家族運に弱い美空ひばり



美空ひばり(本名 加藤和枝)は魚屋の長女として生まれます。

彼女の才能にいち早く気づいた母の喜美枝によって幼少の頃から慰問や映画館など舞台に立ち歌い始めます。

父・増吉は当初、学校にも行かせられないほどひばりを歌わせる喜美枝に苦言を呈します。
でも喜美枝は突っぱねます。

元々、喜美枝は別に好きな人がいたこともあり夫に思い入れがなかったのか、強硬だったようです。
好きな人と結婚できなかった分を埋めていくように一生を通じて、娘に肩入れするステージママになります。

増吉のほうにも好きな人がいたことで喜美枝に思い入れがなかったかのような生活をします。
結婚前から好いている人が離婚すると自身は結婚しているにも関わらず通いつめ、私生児が生まれます。
また、他にも愛人を作り呆れさせてしまうほど家庭を顧みなくなります。
おそらく、家庭内に居場所がなかったのでしょう。

弟2人は「美空ひばり」という存在のプレッシャーに負けどんどん裏の道へ。

かとう哲也は、興行をする上で目をかけてもらわざるおえなかった山口組の若頭に上り詰めます。
それも本書によると金をばらまいた上でのもろい立場だったようです。

母娘は更生させようと映画出演させ、舞台にも同行させ「作曲者」としての道も用意します。
が、銃刀法違反や賭場関連の容疑で7度の逮捕。

その角でひばり邸で賭場を開いていたことが暴かれ、これがひばりの評判をさらに落とし不遇な時代突入させてしまいます。

そして2人は40代で死去。





母・喜美枝はひばりが大人になっても、誰に対しても高圧的に口をはさみ続け評判が非常に悪かったようです。
一流の作詞家、作曲家がひばりに合わせて作った歌でも「お嬢に歌わせられない」と一蹴することもあったようです。

「娘のためなら」という度胸と行動力はあったようで、著者はその点は称賛しています。で

すが、ひばりの一般常識を育てるチャンスだった学校には通わせず。
ひばり自身に考えさせずにヘリコプターペアレントのように先回りしてなんでもやってしまうことを非難しています。

私自身も喜美枝はひばりの相棒でありながら壁であり続けたと思います。

「美空ひばり」はもはや喜美枝のもので、ひばり自身が考えて作ったものではなかったように感じます。
だから喜美枝のお葬式で「私は母なしでどうやっていったらいいのでしょうか」と言い、試行錯誤し続けたのではないでしょうか。

もっと人格形成をきちんとし、人間関係を作っていけばせっかく近くにいても離れていく才能ある作曲家、作詞家などの人脈を逃さずにいたはずです。

だからこそ歌謡曲以外にジャズや、現代風の歌を歌う選択肢を選ばなかったが残念です。

何度か指導するだけで完璧に歌う天才・美空ひばりです。
なんでも歌いこなしたはずです。

歌の幅が広がればそれだけファンが広がる可能性があったかもしれないと思います。
やはり歌手は才能だけではなかなか歌のジャンルは広がらないものなのでしょうか。






タグ:美空ひばり
nice!(15) 
共通テーマ:

「毎日」はお金のためにある?生活のためにある?-原田ひ香著三千円の使いかた [読んだ漫画/本/雑誌の感想]








今回も「三千円の使いかた【電子書籍】[ 原田ひ香 ]」について書きます。
最後のページに書かれている一文が私の心にささりました。



人生にはどうにもならないことがありますよね。
(略)
借金もその一つなんじゃないかと思うのです。
お金や節約は、人が幸せになるためのもの。それが目的になったらいけない。



なぜ、私がこの文章が心に刺さったのか。

「何かサービスに使う、何かを手に入れるため」ではなく「お金を積み上げていくことが最終目的になっている」からです。
お金は手段なのに目的にすり替わっちゃってるんです。

私の場合は銀行口座にお金が残っていないと不安で怖くなってしまうタイプです。

だからなるべくお金を使わずにいようといつの頃からか節約まがいのことをしてきました。
その割に食事やコンビニなどのいわゆる「食」にはお金をある程度使っていました。

食事は確かに大事だし、身になるのだけれど長期的にみて自分に役立つ「投資」とは言えません。

完全にお金の使いかたの考えのバランスがおかしくなっていてまさに「手段と目的」が逆転しています。

なぜ逆転してしまうのでしょうか?

①ただ使うだけになっている


最大の理由が「ただお金を消費するだけになる」です。

ある程度、生活が安定して余裕ができるとなりがちです。

何も考えずに目の前のモノを衝動で買ってしまうことが多くなってしまいます。

それもいいのだけれどバランスがおかしくなるといけませんね。





②何か目的を持つ


コンビニなどの少額はあまり考える必要がないかもしれません。

でも無目的でお金を使いすぎると何も残らない自分になってしまうことに気づきました。

なんでもいいから「目的」を持つと雰囲気がよどまないと思います。

事実、29歳になった今年、「綺麗になりたい」と本気で思って行動しました。

持っている服でおしゃれに気を付けたりそれまで持っていた乳液を変えたりといった事です。
コンビニに行く回数もちょっと減りました。
だから小さいことです。

ダイエットで徐々に痩せていっていることもあるかもしれませんが「雰囲気が変わった」と言われます。

きっかけは両親に言われたからですが料理も習い始めました(当然自費で通ってる)。

緊張はするけれど何となくの毎日と違って楽しいです。

横山光昭さん著の年収200万円からの貯金生活宣言で書かれていた「生き金」って本当にあるのかもしれないな、と思います。


■「豊か」とは?


「豊か」って今回の本でもお金関係や人生指南の本でもよく書かれていますよね。
でも「豊か」って曖昧じゃないですか?

私の場合、上記のことを書いていて「自分が元気で活動的に動けるか否か」だと思いました。
インドアかアウトドアかは関係ありません。

お金持ちであるということとも違います。

毎日に満足できる活動をするためにお金と節約があるのだと思います。

そういうことができる生活習慣や性格であるかどうかが「3000円」にでるのでしょうか?




nice!(9) 
共通テーマ:

なんでも「なぁなぁにしようとする家族」と縁続きになれますか?-三千円の使いかた [読んだ漫画/本/雑誌の感想]






三千円の使いかた」を読みました。

女性が直面するお金に関わることを描いた連作短編集です。
とても読みやすくサクサク進みました。


ただ、モヤモヤ~と心に霧がかかったような話があります。

■なあなあの環境で育った彼


美帆の恋人・翔太は奨学金のことを家族に紹介するときにさえ話し合おうとせず「おいおい話し合う」と繰り返す。

家族は家族で紹介しているのに母は良いように言えばフランクで悪いように言えば適当。
父親は息子の恋人に背を向けゴルフ番組。
奨学金を借りている状態なのに乗るかどうかわからないバイクまで買おうとする。
兄もゲームばかりでついぞ恋人ととも話さず。

母親はバイクの話題でお金の話をすると口癖の「マジなのやめようよ」と口にする。


良いように言えばお金に執着がない。
けれど先送りにしては「いけない」事をしている家族。


主人公はそんな彼や家族に違和感を持ちつつ改善していこうとします。


でも私は現実逃避をしているように見える家族と縁つづきにはなれないと思いました。
それにそんな家族環境で育ってきた彼に耐えられるとは思えない。

家族に紹介している時でさえケンカしてでも突っ込んで話し合おうとしない彼に。
これはお金が絡むからこそ。

どうしてもお金の面では何があっても不利になりがちな女性だからこそ厳しいのかも。





■義両親との関係性


お金に加えて義両親・兄弟の態度が良くないことを加わった結婚って嫌だな、と思います。


何百万円もの借金を子どもの学費のためとはいえ本人に相談もせず借りる。
毎月微々たるものでも返すという表現もなかったから最悪だと思いました。

本人に関わることなのに。

どんなに才能があろうともなあなあ家族に育てられた翔太もそんな態度を表すのではないかと思ってしまうでしょう。
せめて無利子の奨学金を借りられるよう発破かけろ!と言いたいです。

結婚って当人だけよくて両親などとは縁切りすればいいという問題ではありません。
いいことも悪いことも至近距離にバックグラウンドが近づいてくる生活です。

連絡を長らくとっていなくても生活保護を受けようとすれば援助を受けられるよう親族に連絡する場合があります。
だから世間は「縁切りした」とは見なしてくれません。

離婚するか夫と死別した女性が書く「婚姻関係終了届」くらいでしょうか?

借金とそんな家族と関係おを持つダブルパンチに加えてそんな面倒なことになるくらいなら他の3000円の使い方をしたい・・・!


nice!(13) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。